脱毛は粘膜部分の脱毛もできるのか

VIOラインは今ワキやふくらはぎと同じくらい人気のある脱毛部位です。Vはビキニライン、Iは性器回り、Oはお尻周りを脱毛するというもので、ハイジニーナ脱毛とも呼ばれています。ハイジニーナ脱毛の語源は衛星を意味するハイジーンから来ています。

その名の通り、生理の経血や排せつ物がアンダーヘアについたり、生理用ナプキンなどで下着の中が蒸れたりする心配がないので、とても衛生的な脱毛です。水着を着るときにはみ出ないようにする目的でハイジニーナ脱毛をする方が多いです。Vラインのアンダーヘアは様々な形に脱毛で来たり、そのくらいアンダーヘアを残すかというような相談にも対応してくれます。

Iラインの場合は性器回りになるので粘膜の部分があります。粘膜の部分はレーザーやヒカリを照射したり、ワックスやクリームも塗ることはできないので、粘膜の部分だけ残すか、1本1本抜いて処理するかのどちらかになります。

通常はVラインは少し残し、Iラインはできるところまで照射などして、Oラインはすべて処理するというパターンが多いです。海外ではすべてツルツルにしてしまう方もたくさんいます。日本ではまだ男性のアンダーヘアの脱毛は主流ではありませんが、海外では男性でも脱毛する方がほとんどです。