美肌になるには血液サラサラが大事

年齢を重ねると老化現象があらわれてきます。それは肌にも同じように老化現象が見られるようになります。しみやしわ、たるみと言ったものは肌の老化の代表的なものであると言えるでしょう。しかしこうした老化による肌のトラブルも努力次第で美肌になる事ができます。

その美肌になる方法とは、洗顔や洗顔後のあり方を見直すことです。洗顔はごしごし指で洗わず、泡をのせてそこに汚れを吸着させるようにします。指でごしごし洗うことでしわになっているので、これを改善するだけでもしわが抑制され美肌になります。またシミやたるみには、洗顔後にすぐにレチノールやプラセンタなどが配合された美容液を塗ることが大事です。

洗顔で毛穴が開いた状態の時に美容液を塗ることで肌の奥に美容成分が効果的に浸透していきます。また美肌になる為には血液をサラサラにすることも意識しなければいけません。

血液がサラサラであると細胞や皮膚に栄養が行き届き、血色よく美肌になります。そのため、食生活などにも気を付けることが大事です。例えば青魚を積極的にたべることでEPAなどが摂取でき、血液がサラサラになります。また生姜やシナモンを食べると体があったまって血流がよくなります。